marubeni光を初期契約する際には、最初に初期工事が必要となります。住んでいる場所や住居形態によって初期工事にかかる作業内容は異なりますが、場合によっては事前に地域担当者が自宅に足をはこび、調査をすることになります。事前調査の場合には特に在宅でいなければいけないということはありませんが、初期工事の時には担当者が自宅の中に入らなければいけないので、18歳以上の人が誰かひとり在宅でいなければいけません。

 

marubeni光の工事費ですが、どのような作業が必要なのかによってかかる費用は異なります。まず、作業員が自宅に派遣されて屋内配線を新設する場合やVDSL方式を採用する場合には、工事費は通常19000円かかることになります。ただ、現在はキャンペーンが行われているので、工事費はたったの1万円となっているのでとてもお得です。また、それまでにも別の業者の光通信を利用していたり、前の住人が光通信を使っていた場合には、屋内配線の新設が無いので工事費は格安となり、9600円となります。キャンペーン中は半額近くの5100円で設置してもらえるのでとってもお得ですね。

 

作業員が派遣されずにNTT内の工事だけで済む場合もあります。その場合、工事費は一切かかりませんし、初期工事の日程を設定したり、仕事を休んで在宅でいなければいけないという不都合も起こりません。とても便利ですね。この開設のための初期工事費は、ほかの光通信業者と比べると驚くほどリーズナブルな価格設定となっている点もまた、marubeni光が人気の理由と言えるでしょう。

 

marubeni光では、どのような工事作業が必要になる場合でも、キャッシュバックキャンペーンが行われていて、工事費を最大9000円キャッシュバックとして割引してもらうことができます。そのため、新設工事で高額費用がかかりそうだなという人でも、こうしたキャッシュバックを利用すればリーズナブルにmarubeni光へ乗り換えることができます。

 

また、marubeni光の工事費とは別に、最初に1回だけ手数料として820円がかかることになり、これは最初の月の請求書と一緒に送られてくることになります。

 

Marubeni光のさらなる詳細はこちら